上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜の月はとても明るく輝いていましたね。
仲秋の名月まであと少しといったところです。
こんな秋の夜にお勧めしたいのが、ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち〈上〉です。
ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち〈下〉
これは多分小学生か中学生のときに一度読んだ本です。
今考えるとずいぶん細かい字の分厚い本なのに、
当時は話の長さにも気付いていませんでした。
うさぎたちの冒険にハラハラドキドキ、ストーリーは二転三転、
それでいて非常にリアルなうさぎたちの物語。
それだけ夢中になって読んでいたということでしょうか。
今でも時々、ウォーターシップ・ダウンがどこかに存在しているような、
うさぎたちが揃って月を眺めているような、そんな気がするのです。
大人になった今でも、きれいな月を見ると彼らに会いたくなる。
ヘイゼルに、ブラックベリに、あの勇敢なうさぎたちに、貴方も会ってみませんか。
スポンサーサイト
2005.09.08  戦争のつくりかた
昨年出た、リボンプロジェクトさんの本です。
やさしい言葉で綴られています、お子さんとも読んでみてください。
そして最後に巻末に書いてある、法律を眺めてみてください。
「戦争のつくりかた」が見事に再現されているんです。
漠然と「こうなったら嫌」な未来が一気に現実味を帯びてきます。
空恐ろしい話です・・・。
戦争のつくりかた
読むとわかりますが、実はかなりの所まで戦争のお膳立てはされていて、
最後の歯止めになっているのが、話題の憲法9条なんですね。
陸海空軍は持たない、戦力をもたない、武力を行使しない。
日本には自衛隊がありますが、海外での武力行使ができないので、
イラクのように派兵はしても戦争の役には立ちません。
9条があるから、1人の外国人も戦闘で殺さず、殺されない自衛隊でいられたんです。
でも、憲法9条が無くなってしまったら、名実共に軍隊の仲間入りです。
あなたの大切な人が、人を殺し、殺される立場になるかもしれない。
それが、憲法を、9条を変える(見直す)ということです。
 
今、サマワでは水の供給も学校などの補修工事も民間委託だそうです。
自衛隊はたまに監督するだけで、貴重な水を飲み、テロの危険に晒されています。
ほんとに一日も早く帰ってきて欲しいです。
他国が続々とイラクから軍を撤退している中、アメリカはしきりに
「憲法を改正して戦争をできるようにしろ、米軍を手伝え」とせっついています。
それを受けて、自民党、公明党、民主党などが改憲の動きを強めています。
今度の総選挙で決まる国会議員が、改憲を進めるかもしれない。
郵政の影に隠れていますが、とっても大事な問題だと思います。
投票に行って、4年間を任せられる人を選ぶ。
それが最も確かな意思表示になります。
 
そういえば、子供のころは紛争やテロのニュースを聞くたび
「大人ってばかだなぁ。話し合えばいいのに」って思ってました。
今では、「疑心暗鬼」というものの怖さを知っています。
”あの人に攻撃されるかもしれない、私も自衛のために力をもとう”
単純に言うとこの繰り返しで核問題までいっちゃったんですね。
力は、手に入れるよりも手放すほうが100倍難しい。
皆が「いっせーのせ」で武器を手放す日が来るのでしょうか。
限りなく無理に近くても、奇麗事でも、来ると信じたい。
結局私は、人を信じていたいのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。