上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日からブログスタート、ブログ一年生です。
さて、6月といえば梅雨。
今日は一日湿気がとれませんでした。
もう入梅間近というところでしょうか。
一年通して雨は降るものですが、
この季節の雨は暖かくて大粒の雫がぽつぽつ落ちてきます。
紫陽花の葉に雨粒が跳ねる様子を窓から眺めながら、
午後のお茶と読書の時間と洒落こみたいですね。
 
家守綺譚

そんな時間にオススメなのは、『家守綺譚』(梨木香歩/新潮社)です。
100年ほど前のレトロな雰囲気と、「不思議なもの」が
日常に息づく様が穏やかに、時に洒脱に語られます。
ハードカバーの装丁も凝っていて、帯込みで楽しめる本です。
一遍一遍が短くてバラバラに読めるものなので、
ゆっくり時間がとれない方でも安心して没頭できますよ。
ただし湿気は本にはよろしくないので、除湿・換気はお忘れなく(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://piyo2peta2.blog12.fc2.com/tb.php/1-bf8ccf34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。