上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
張り切ってお掃除をしていたら、右目に見事なものもらいができてしまいました。
掃除途中でうっかり目を擦っちゃったのがいけなかった…。
その日は2時からバイトだったので朝から眼科に行って、
腫れた目でそのままバイト先に直行したんですが、失敗だらけ。
バスは乗り間違えそうになるわ、使うデータを家に忘れるわで、
まさに踏んだりけったりです。一日へこんじゃいました。
そこでちょっと本棚から一冊引っ張り出してみましょう。
失敗の心理学―ミスをしない人間はいない

『失敗の心理学』(芳賀繁/日経ビジネス人文庫)
 
これはなんと表紙にこう書いてあるんです。
「ミスをしない人間はいない」!
なんて勇気付けられる言葉でしょう。
人間はミス(失敗)をするものだ、ということを念頭において、
心理学の見地からミスの種類、ミスの起こり方、防ぎ方を解説してくれます。
例:スリップ=やろうとした動作は正しかったがその動作がちゃんとできなかった
  ミステイク=やろうとしたことがそもそも間違っていた
スリップのエラータイプ診断や簡易版ドジ型・ボケ方診断テストなどもあって、
はっきり「大ボケさん」と診断されてしまった私には耳に痛い部分があるわけですが、
自分に照らし合わせて読むことが出来るのがいいですね。
ミスの多い人、ビジネスマンにも必携の本だと思います。
文庫で通勤中に読むのに便利ですし、
思わず唸って目から鱗な例がずばずば出てきますよ。
大事なのは自分を知って、うまくミスと付き合うこと。ミスを事故に繋げないこと。
そう考えて明日からまた元気にがんばります。
 
…とまとめてはみたものの。
右目が半目になってて本が読みずらい~~!
ものもらいはもう一生やりたくないです。
お掃除中は、痒くても目をこすらないっ。顔洗ってきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://piyo2peta2.blog12.fc2.com/tb.php/3-64519711
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。